マネー

iDeCo解説2018 第5話 イデコにかかる手数料

マネー

【便風社労士事務所サイト】http://binpusr.com/kenkyuu/

今回のテーマは「イデコにかかる手数料」です。
大きく分けると2つになります。

1口座を開設するための手数料

国民年金基金連合会への口座開設手数料 初回時2,777円

2口座を管理してもらうための手数料

1)国民年金基金連合会への手数料 一律月額103円

2)事務委託先金融機関への手数料 一律月額64円

3)運営管理機関への手数料(機関によって異なる)

ですので、必ず必要となる費用は
初回に2,777円と、毎月167円、毎年なら2,004円となります。

検討すべきは、運営管理機関への手数料。
具体的に確認したいのは、

① 口座管理手数料

② 信託報酬

口座管理手数料は、無料のところから定額のところ、
預けている資産額によって変化するところと様々です。
無難に無料のところから選んでいいと思います。

信託報酬とは、投資信託を購入している間ずっと発生する手数料です。
預けている資産額の%で設定されているため、資産が増えれば増えるほど信託報酬、手数料も増えることになります。パーセンテージの低い商品を選びたいですね。

先のお話になりますが、将来増やした資産を受け取る時にも
振り込みの都度 432円がかかります。
一時金で受け取れば1回で済みますが、
年金として年間数回に分けてずっと受け取るなら、
受け取り終わるまでずっと432円がかかってきます。

ご参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました