マネー

iDecoを4年間やってみた結果を大公開!いくら儲かったのか?節税効果はどれくらいか?

マネー

実際に僕が4年間iDeCoをやってみた結果を紹介します。iDeCoって、実際にやってみたら資産が増えるのかや、どれくらい節税効果があるのかなど、なかなかわかりにくいイメージがあります。具体的に僕が投資した運用結果や、何で運用したのかなど詳しく解説しました。

◆iDeCoにおすすめの証券会社:https://mofmof-investor.com/how-to-start-stock-investment-3274.html#SBI

SBI証券のideco
https://www.tcs-asp.net/alink?AC=C101314&LC=SBI98&SQ=2&isq=100

◆(ブログ)iDeCoをやってみた結果を大公開
https://mofmof-investor.com/ideco-result-5468.html

iDeCoで年金を作る!メリットとデメリットを解説!

iDeCoで年金を作る!メリットとデメリットを解説!

資産運用は何を買うのが良いのか?運用先を紹介

資産運用は何を買うのが良いのか?運用先を紹介

資産運用の再生リスト
https://www.youtube.com/playlist?list=PLFtR1Tmakwn-VieAnnkr3mpD5zXJsG8T3

1:08 iDeCoのメリットとデメリット、注意点
2:39 iDeCoにどうやって入ったのか?出資金額は?
3:37 何を考えて何に投資したのか?
7:28 実際に投資した結果の紹介
9:07 節税の効果は?

◆Twitter。

◆Line@
Line@で表に出せない不動産投資の裏情報を配信中!
今なら物件購入チェックツールプレゼント!
https://line.me/R/ti/p/%40mof-mof

◆Instagram
https://www.instagram.com/mofmofinvestor/

◆もふもふ不動産のブログ
https://mofmof-investor.com

◆不動産投資講座のメルマガ
もふはどうやって不動産投資を始めたのか?当時を振り返りつつ不動産が学べる講座
https://mofmof-toushi.com/p/r/JAyoEfxq

もふもふ不動産 もふのプロフィール
1980年生まれ。東京都出身。研究開発の仕事を2003年から続けるなか、自分でも稼げるようになりたい、会社を経営したいという思いから2014年に不動産投資を開始。これまでに5棟と戸建て2つを購入。2017年からブログで不動産投資の情報を発信し、2018年にYoutube開始。2019年にサラリーマンを退職。自分の法人で、不動産投資、ブログ、Youtubeで収益を得ている。純資産1億円を突破。

#もふもふ不動産 #iDeCo #資産運用

こんばんは、もふもふ不動産 もふです

今日は「iDeCo」を4年間
実際にやってみた結果を

解説していきたいと思います

年金2000万円問題
というのがありまして

最近、年金とか老後の資産が
気になる方多いと思います

そういった中「iDeCo」っていう

自分の年金を
自分で作るという仕組みですね

気になる方多いと思うんですけれども

今回僕4年間、運用した結果を

実際に儲かったのかとか

節税の効果あるんですけど
どうなのかとかを

分かりやすく解説

実際の数字を
出して行きたいと思います

で、今日なんですけれども

「iDeCo」ってそもそも何っていうのと

メリット・デメリットはなんですか
っていうことを解説します

それで実際に
僕はどういうことを買って

何に投資したのかということと

さらに4年間の運用利益は
どうだったのか

実際、節税って
どれぐらいお得なのという点を

計算していきたいと思います

で、資産をまず貯めたい
って思う方いらっしゃると思うので

その流れなんですけども

まずは支出を減らしましょうと

さらに収入を増やしましょうと

最後に貯まっていったら
それを運用して増やしましょうということで

今日の「iDeCo」なんですけど

資産を運用するっていうことですね

水を溜めて、さらに溜まったやつを
増やしていく

そういう流れになります

これをまず
意識していただければいいと思います

で、実際の「iDeCo」のメリット

「iDeCo」とよく比較されるのに
「積み立てNISA」ってあるんですけれども

結構メリット・デメリットがあります

「積立NISA」はいつでも
引き出せるんですけれども

「iDeCo」は老後まで使えないので

入れたらずっと、入れっぱなしだと
思っていただいた方がいいですね

なので、そこはちょっと
不自由な点ですね

さらに「積み立てNISA」は
利益に税金がかかるんですけれども

「iDeCo」は購入金額に対して

税金がかからないという
ことになります

これはすごく大きなメリットですね

で、「積み立てNISA」は
投資信託とかなんですけれども

「iDeCo」は貯金とか色々
もうちょっと幅が広がりますと

で「積み立てNISA」は
20年間なんですけれども

「iDeCo」は
老後60歳までになります

この利益に対して説明が
ちょっと難しいんですけれども

例えば「積み立てNISA」であれば

20万円の株を買って

例えば、20万円の利益が
出ましたよとなると

利益が出た分だけ税金が
かからなくなるのが

「積み立てNISA」のお得な点ですね

一方「iDeCo」は、20万円の
株を買いましたよとなったら

その20万円買ったものから
その分が所得税がかからなくなる

控除されるので

利益が出なくても買った分が
節税になる点がメリットとしてあります

受けとった時にその分の
税金が関わってくるんですけれども

一応この節税効果が
ものすごい大きいというのがあって

それが「iDeCo」の節税面で
かなり強いところです

で、詳細欄に「iDeCo」の特徴とか
「積み立てNISA」に関して

解説しているので
それをよく見てみてください

で、実際どうやったかっていうと

2015年10月位に
「iDeCo」に入りました

自分は企業型の
マッチング拠出ってやつで入りました

で、それは会社が対応していれば
それに入れるようですね

で、自分はあまり
詳しくないんですけど

それに入りまして、
自分が9000円を月々かけられて

さらに会社も
自分がかけた額と同じだけ

出してくれるという

マッチングって言って

それを合わせて9000円を出すっていう
感じだったんですよね

なので自分がマックス

一番出せば出すほど会社も
出してくれるから

楽かな、ラッキーかな、
もらえるかな、お得かなと思って

いっぱいかけてたんですけれども
それでやってました

でも実際、ここの額は
退職金から引かれてたので

元々の自分の退職金を出すような
仕組みだったっぽいんですけれども

中々難しいですね

で、それを2019年3月まで
4年間位積み立てて

でも3月末に会社辞めるまでは
ずっとこれに入ってたっていうことですね

で、これを4年間位続けた結果

どうなったのかを解説します

で、実際何を買ったの?
という点を

どういう風に考えて
買ったかっていうと

当時あんまり株とかインデックスって
詳しくなかったので

そんなに深く考えてなかった
っていうのが一つですと

さらに僕はほとんど
円でお金を持ってるんで

日本に資産が集中していますと

例えば不動産は
全部日本ですし

円も日本なので

日本に偏りすぎてるかなと思ったので

年金、ちょっと先のことを
考えると

もう少し日本以外にリスクを
分散しておいた方がいいのかな

っていう風に
ちょっと思いましたと

なので日本以外
もっといきたいなっていうのがあります

さらに20年後とか
年金を受けとる時に

日本って成長性とかも考えると

やっぱ日本は除外した方が
良いのかなという気がしたので

日本を除外しようかなぁと思って

日本以外に「積み立てNISA」じゃなくて
「iDeco」ですね

日本以外にかけていこうと
考えました

さらに、月に9000円くらいなので

月に9000円ぐらいで元本保証とかしても
全然増えないので

ちょっとリスクをとって

株を選択して
ミドルリスクミドルリターンぐらいの

ちょっとリスクが大きいような
株に

全額9000円を
毎月投資していく

そういう風に
積み立てようかなと考えました

で、実際に何を買ったのかっていうと

いくつかあった中で
普通のやつを選んだんですけれども

最初はこの「三井住友・DC外国株式
インデックスファンドS」を選択して

深い理由はないんですけど

日本を除いた、全世界の株式インデックス
みたいなやつを買いましたね

日本を除く世界各国の株式に投資、
インデックスっていうのは

僕もよく詳しくはないんですけど

「MSCIコクサイインデックス」
っていうのが連動しているみたいですね

まあそれで

世界の株式の平均的なインデックスに
分散して投資できるんで

世界中の株に、
日本以外に投資していく

そういう奴のようです

で、これを9000円の内の
70%をこれにしました

深い意味はないですね
勢いですね

「ま、いいや7割ぐらいで」みたいな

で、手数料は確か

信託投資が0.17%とか0.15%とか
それくらいなので

信託投資も少ないし
世界インデックスの株に投資ができて

日本を除外できるという点から
これを選びましたね

なんか内訳は
こんな風になってて

見たら65%がアメリカで

イギリスが7%で
フランスが4%

カナダ4%とか
そんな感じになってるんですけど

時価総額で多分割ってるのか

65%が
アメリカみたいな感じになってますね

で、これに大部分の70%を
投資しましたと

これだけ見ると

まあほとんど世界

新興国じゃなくて、
先進国ばっかりになるんで

ちょっと新興国にも入れておこうかな
ぐらいの感じで

インデックスファンドを

この「DIAM新興国株式
インデックスファンド」があったので

それにしましたと

これも、日本を除く
世界各国のやつで

この「エマージングマーケット
インデックス」に投資しているみたいですね

それを残り30%買いました

なので、二つの投資信託を
買ったような感じになりますね

で、内訳を見ると

中国が30%くらいになってて

韓国が12%

台湾が10%、インドが9%、ブラジルが7%
その他が28%になってますね

で、こういう先進国以外の
新興国に30%投資したんで

分散して投資したつもりでは
いましたけれども

最初から全部一旦のインデックスを
買った方がいいのかとか

ちょっとよくわからないですね
これは難しいですね

ほんと感覚的なもので
これを買いましたね

なのでこの2つを
月々9000円ずつ

70%と30%ずつ積み立てていって、
5年後どうなったのか

それを解説していきます

で、実際いくら投資したかっていうと

5年弱なんですけれども

73.8万円を投入しています

そのうちの半分の、
30何万円が僕で

30何万円が会社で
っていう風になって

で、半々出し合って
73.8万円が貯まりましたと

その投資信託に投資しました

で、世界株インデックス
どうなったかっていうと

購入額は51万円ぐらいで、
7割は51万円くらいになってて

これの運用が

60万1760円になりました
ということで

5年ぐらいで、結構プラス
8万5000円位になりましたね

なので10%ちょっと
増えた感じになってます

で、もう一個、
インデックスの方は

新興国の方は、
購入は22万ぐらい買ってまして

それで24万くらいの
評価になってたんで

こちらもプラス24000円位になると

なので合わせて
10.9万円ぐらいですね

73万円くらい投資して

84.7万円になりました
ということで

10万ぐらい増えたんで
まぁ大体15%ぐらいですかね

5年間で増えています

これを大きいと見るか
年間3%ぐらい増えてる感じですかね

年平均でみると

これをどう見るかですね

ボチボチ増えているのか
増えてないのか

貯金と比較すればいいですけれども

なので、これが
「今はこうなってるよ」っていうだけで

ずっとこれが増え続ける
訳ではなくて

株が下がれば下がるかもしれないって
リスクはもちろんあるんですけれども

今としては15%ぐらいで増えて

運用できているということで

こんなもんなのかなと思ってます

こういう風に紙に
出てくるので

これ後でブログに貼っとくんで
ブログ見てみてください

で、あと「iDeCo」は
節税の効果は結構でかいですよね

「積み立てNISA」と違って
「iDeco」は節税の効果が強いんで

そこをちょっと解説すると

だいたい自分自身が

お金を出したのが
36.9万円でしたと

そこに所得税と住民税はかからない
っていう点がメリットになると

「iDeCo」の強みの一つですね

で、仮に年収を700万円にして

前に年収700万円の人が

税金はどれぐらいかかるかって
計算していたので

その結果を簡単に使うと

だいたい年収700万円の方の
課税所得っては370万くらいなので

その辺になると所得税が20%で
住民税が10%ぐらいですね

なのでこれ簡易計算で、
僕は税理士でないので

参考で、もしかして
間違ってるかもしれないですが

それを算出すると

36.9万円、自分が出した
積み立てたお金に

所得税と住民税が
かからないってことになるので

それが30%なくなるってことなので

11万円位の節税効果に
なってるんじゃないのかなと考えています

結構でかいですよね

11万円

36.9万円を払って

それで11万円位の
節税効果があるとなると

節税効果だけでも大きいな
っていうのはこのことなんですよね

この額が大きくなればなるほど
節税効果が大きくなります

あと、この年収の部分ですね

どれぐらい年収もらっているかとかで

所得税と住民税が
どれぐらいかかるかによっても

変わってきたりとかするので

なので家族の条件だとか
他の所得がどうかとか

総合的に変わってくるので
ちょっと一概に難しいんですけども

「iDeCo」の節税の効果が
でかいというのはこういうことです

で、これを合わせると
どうなるかっていうと

10万9000円増えましたよ
って言うのと

節税が11万円の効果なので

今のところ22万円くらい
効果がありますと

なかなか面白いかなと考えてます

で、「iDeCo」の特徴と
結果なんですけれども

やってみた結果は
メリットもあるしデメリットもあると

ちょっと今日は触れてないんですけど
「特別法人税」の話だとか

ちょっと不確定要素も
あったりとかして

なので「iDeCo」は
リスクもあったりとかしますし

60歳まで引き出せないという
デメリットがあるんで

僕の78万円、80万円くらいは
ずっと老後までは使えないし

そのまま積み立て続けると

で、投資信託に
月9000円やってる

4年間やることで
一応10万円位増えましたよと

ただ減る可能性もあるんで

必ず増える投資はないんで

そのリスクを下げるために
ドルコスト平均法って

月々9000円ずつ、
同じ感覚、同じ感覚で

同じ金額を積み立てていく
ドルコスト平均法で

リスクを減らしている
そういう風になります

で、節税の効果は11万円ぐらいと

実際増えたのは
10万円くらいなので

4年間で22万くらい
増えましたということで

まぁまぁ実際見てみると
いいのかなと思っていますが

今後どうなるかわからないので

「iDeCo」をやってみたい方の
参考になればいいなと思ってます

こういう資産の増やし方とか

再生リストで
資産の運用の方法を解説してるんで

もし興味あれば見てみてください

最後まで
ご視聴ありがとうございました

もし面白かったら
高評価いただけると嬉しいです

このチャンネルは
不動産投資・株式投資

経済とか役立つ情報を
発信していってるんで

もし面白かったら
チャンネル登録をお願いします

あと、コメントお待ちしてます

あと、役に立ったらSNSとかで
シェアしていただけると嬉しいです

あとTwitterで有益な情報を
発信してるんで

良かったらフォローしてください

あとLINE@で不動産投資の
チェックリストをプレゼント中です

あと、メルマガで
不動産投資講座を始めてるんで

よかったら見てみてください

それではどうも
ありがとうございました

タイトルとURLをコピーしました