ドラマ

菅田将暉「CUBE」絶望と隣り合わせのシーン連発「死ぬ部屋の日」特別映像

ドラマ

★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 俳優の菅田将暉さんが主演を務める映画「CUBE」(清水康彦監督、10月22日公開)の特別映像が4月18日、公開された。

 「一度入ったら、最後。」という危険の象徴である「CUBE」=「部屋」にかけて、同作では毎月18日を「CUBE」=部屋の日とし、さまざまな情報を解禁していくといい、その記念すべき初回となる4月18日を「死ぬ部屋の日」として、今回の特別映像を公開することになった。

 映像では、謎に満ちた部屋「CUBE」で巻き起こる絶望と隣り合わせのさまざまなシーンとともに、サブリミナル的に映し出される謎の立方体のイラストや並べられた数字、計算式といった、不穏な気配漂うシーンがちりばめられている。

 ヴィンチェンゾ・ナタリ監督による密室サスペンス映画「CUBE」のリメーク作で、杏さん、岡田将生さん、田代輝さん、斎藤工さん、吉田鋼太郎さんも出演。突然閉じ込められた男女6人。エンジニア、団体職員、フリーター、中学生、整備士、会社役員。彼らには何の接点もつながりもない。理由も分からないまま、脱出を試みる彼らを、熱感知式レーザー、ワイヤスライサーや火炎噴射など、殺人的なトラップが次々と襲う。仕掛けられた暗号を解明しなくては、そこから抜け出すことは絶対にできない。はたして彼らは無事に脱出することはできるのか……というストーリー。

 1997年に公開されたナタリ監督による映画「CUBE」は、密室サスペンスの先駆けとして、世界中でカルト的人気を誇る。今回の日本版では、菅田さんがエンジニア・後藤裕一、杏さんが団体職員・甲斐麻子、岡田さんがフリーター・越智真司、田代さんが中学生・宇野千陽、斎藤さんが整備士・井手寛、吉田さんが会社役員・安東和正を演じる。

####
#菅田将暉 #CUBE

タイトルとURLをコピーしました