ドラマ

永野芽郁、山田洋次監督に褒められ赤面「うれしい!」 菅田将暉から腕持ち上げられ満面の笑み  映画『キネマの神様』完成披露会見

ドラマ

★チャンネル登録:https://goo.gl/U4Waal

 女優の永野芽郁、俳優の菅田将暉(28)が29日、都内で行われた映画『キネマの神様』(8月6日公開)の完成報告会見に出席した。

 山田組に参加した永野は「毎日緊張とどうしたらいいんだろうかという勉強の連続だった」と振り返ると山田監督から「とても落ち着いていた印象だね。本当に緊張にしてた?」と聞かれると、「毎日緊張してましたよ~」と永野。山田の誉め言葉に「うれしい!」と照れた様子だった。

 同作は、1920年に蒲田撮影所を開所した松竹映画の100周年を記念して製作。主人公は無類のギャンブル好きのゴウ(沢田研二)。若き日のゴウを菅田が演じ、二人一役で主役を担当。さらにゴウの妻・淑子を宮本信子、映画の撮影所で働くゴウとテラシン(野田洋次郎)がともに恋心を抱く食堂の娘を永野が演じる。時代を越えて繰り広げられる愛と友情が描かれ、若き日のゴウが信じた“映画の神様”が時を越えてひとつの家族にある奇跡をもたらすストーリーが紡がれる。

 この日に行われた会見には、そのほか、野田、宮本、寺島しのぶ、小林稔侍、山田洋次監督が登壇した。

【関連動画】
菅田将暉、志村けんさん命日に完成報告「本来であればという出来事がたくさん…」 志村さん“代役”沢田研二の魅力語る 映画『キネマの神様』完成披露会見

菅田将暉、志村けんさん命日に完成報告「本来であればという出来事がたくさん…」 志村さん“代役”沢田研二の魅力語る 映画『キネマの神様』完成披露会見

#永野芽郁 #菅田将暉 #キネマの神様

タイトルとURLをコピーしました