佐藤健

映画『るろうに剣心』完結!佐藤健「役者を辞める」覚悟で挑んだ10年 特別映像が公開 『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』

佐藤健

★チャンネル登録:https://goo.gl/U4Waal

 映画「るろうに剣心」シリーズ。2012年8月公開の『るろうに剣心』、2014年8月公開の『るろうに剣心 京都大火編』、同年9月公開の『るろうに剣心 伝説の最期編』、累計観客動員数は980万人を突破した、同シリーズが2021年、遂に完結する。『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』は、それぞれ4月23日、6月4日より2作連続で全国ロードショーする。 25日『るろうに剣心 最終章 The Final』10周年記念特別映像が解禁となった。

 世界中のファンへの 10 年間の感謝を込めて、本日開催されたオンラインイベント「るろうに剣心 GLOBAL FAN SESSION(グローバル・ファン・セッション)」で初披露された本映像。2012年公開の1作目、伝説の幕開けとなったオープニングシーンで幕を開ける本映像は、「このアクションが格好良くなければ、僕は役者を辞めます」という主演・佐藤健の役者人生の全てをかけた決意の言葉、そして大友啓史監督の「もっとすごいものを作るっていうことを考え始める」という、常に過去の作品を超えていくという覚悟の言葉など、『るろうに剣心』シリーズへの並々ならぬ想いと名シーンを映す。

 映像では、剣心と共に新しい時代のために戦ってきた仲間たちの胸が熱くなる過去のシーンが映し出されており、剣心を支え、共に生きていくことを願う〈神谷薫(かみやかおる)/武井咲〉、剣心に救われ医者として多くの命を救うことに尽力する〈高荷恵(たかにめぐみ)/蒼井優〉、友として、剣心の力になりたいと願い戦う〈相楽左之助(さがらさのすけ)/青木崇高〉の姿が確認でき、10年という歳月が経ちその絆の深さが伝わる仕上がり。

 さらに、1作目となる映画『るろうに剣心』に登場する、〈武田観柳(たけだかんりゅう)/香川照之〉、〈外印(げいん)/綾野剛〉、〈戌亥番神(いぬいばんしん)/須藤元気〉、〈鵜堂刃衛(うどうじんえ)/吉川晃司〉、『京都大火編』、『伝説の最期編』から、〈柏崎念至(かしわざきねんじ)/田中泯〉、〈瀬田宗次郎(せたそうじろう)/神木隆之介〉、〈佐渡島方治(さどじまほうじ)/滝藤賢一〉、〈駒形由美(こまがたゆみ)/高橋メアリージュン〉、〈四乃森蒼紫(ししのもりあおし)/伊勢谷友介〉、〈巻町操(まきまちみさお)/土屋太鳳〉、〈志々雄真実(ししおまこと)/藤原竜也〉、〈比古清十郎(ひこせいじゅうろう)/福山雅治〉など、剣心のかつての敵や一緒に戦ってきた仲間たちの姿も。

 そして、剣心にとって幕末から続く因縁の相手であり時に頼もしい仲間として戦ってきた、〈斎藤一(さいとうはじめ)/江口洋介〉や、剣心が生み出してしまったシリーズ最恐の敵〈雪代縁(ゆきしろえにし)/新田真剣佑〉、剣心の元妻であり、剣心の頬に刻まれた〈十字傷〉の秘密の鍵を握る〈雪代巴(ゆきしろともえ)/有村架純〉、“人斬り抜刀斎”が誕生するきっかけとなる長州藩志士〈桂小五郎(かつらこごろう)/高橋一生〉など、シリーズを彩って来た歴代の錚々たる顔ぶれが並ぶ。佐藤健や大友啓史監督、全シリーズの主題歌を担当したONE OK ROCKなど1作目からほとんど変わらないチームで作り上げた「るろうに剣心」シリーズ。それぞれの想いが完結する壮大なフィナーレに期待。

タイトルとURLをコピーしました