新垣結衣逃げ恥

星野源&新垣結衣の“逃げ恥婚”、知人が語る2人の共通点と「先輩夫婦の影響」

新垣結衣

『逃げるは恥だが役に立つ』で夫婦役を演じた星野と新垣がドラマそのまま電撃結婚を発表した。ゴールインの決意を固めた際、新垣の脳裏には“あの夫婦”の姿がよぎったようで──。

日本中を幸せにした「逃げ恥婚」
《これからも互いに支え合い豊かな時間を積み重ねていけたらと思っております》

 5月19日、星野源(40)と新垣結衣(32)が結婚を発表した。

 ふたりは’16年に放送されたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で共演。作中では、夫婦役を演じたが、ドラマが現実となった。

「昨年10月に行われた『逃げ恥』スペシャルの撮影で再会し、12月から結婚を前提に交際がスタート。ただ、ふたりが付き合っていたことは報じられていませんでしたよ」(スポーツ紙記者)

 最近は、電撃結婚するカップルが増えている。

「昨年10月には石原さとみさんが一般男性と、岡村隆史さんも一般女性と結婚。今年4月には、有吉弘行さんと夏目三久さんがゴールインしています。いずれも、表立って交際が報じられていなかったところから、結婚を発表するケースが多いですね」(同・スポーツ紙記者)

 交際が表に出ない理由について、芸能ジャーナリストの佐々木博之氏に話を聞いた。

「セキュリティーレベルが高いタワーマンションに住んだり、マンションの同じ敷地内に住んで会うタレントが増えたため、週刊誌に撮られにくくなったんです。また、タレントも新型コロナウイルスの感染拡大で、外で食事をしたり、出かけるのを控えるようになったことが大きいと思います」

 人知れず星野と愛を育んできた新垣。彼女が今回大きな決断に至った背景には、コロナ禍であることも大きいのではないかと指摘する。

「一般的に、ひとりで家にいて“感染したらどうしよう”という不安や寂しさから、あるいは外で会うことができずお互いの家でデートするのであれば、いっそ結婚して一緒に住んだほうがいいと思うカップルは多い。新垣さんもそうだったのかもしれません」(佐々木氏)

 誰もが予想できなかった“逃げ恥婚”。埼玉県内に住む星野の伯父に話を聞くと、彼も今回の発表で初めて知ったようで、

「特に報告はなかったよ。源と最後に会ったのは、まだ子どものころだったからね。彼の両親は、同じバンドのメンバーで付き合って結婚したんだけど、源もドラマの共演がきっかけだから両親と同じ“職場結婚”だよね。なんか不思議な縁を感じるよ。コロナで嫌なニュースが多いけど、日本中を幸せな気分にしてくれたなぁ……」

タイトルとURLをコピーしました