ドラマ

山田洋次監督&菅田将暉、志村けんさん代役の沢田研二を絶賛 「ずいぶん悩んだと思う」

ドラマ

沢田研二さんと菅田将暉さんがダブル主演を務める映画「キネマの神様」(山田洋次監督、8月6日公開)の完成報告会見が3月29日に行われ、菅田さんら出演者と山田監督が登壇した。今作は当初、1年前の3月29日に死去した志村けんさんが主役のゴウ役を演じる予定で、沢田さんが代役を務めた。山田監督は、この日は出席しなかった沢田さんについて「ずいぶん悩んだと思うけど、志村さんへの友情もあったんだろうな、思い切って引き受けてくれた」とし、「天下の二枚目である彼が、賭博依存症でアル中で……というダメな男を鮮やかに演じてくれた」と感謝を語った。

 また、山田監督は「長いせりふも、驚くぐらい全部すらすらと頭に入れていて、前の日から何度も何度もせりふをけいこしていたんだろうな、と思うことがしょっちゅうありました。態度には見せないけど、相当緊張して役をイメージして作り上げてきてくれたんだなと思う」と沢田さんとの撮影を回顧。「どうなるか、かなり不安があった」と当時の心境も明かしつつ、「志村けんで考えていたのとはまったく違う、別の魅力のある、酔っ払いで博打好きなダメなお父さんを演じてくれてほっとしています」とほほ笑んだ。

 劇中で若き日のゴウを演じる菅田さんは、沢田さんについて「ものすごく沢田さんがパワフルで動きまわって、おれより動き回っているんじゃないかな、大暴れしていて。撮影現場を一度見学させていただいたんですが、そのときからすごくチャーミングで。だめなんだけど色気があって、人が周りに集まっていっちゃう、すごく魅力的なゴウだなと思いました」と絶賛した。

 映画は人気小説家の原田マハさんの同名小説が原作で、1920年に松竹の前身となる松竹キネマ合名社が設立され、今年で100周年を迎えることを記念して製作。ギャンブル漬けで借金まみれのゴウ(沢田さん)は、たった一つだけ愛してやまないものがあった。それは「映画」。若き日のゴウ(菅田さん)は助監督として、青春を駆け抜けていた。しかし、初監督作品「キネマの神様」の撮影初日に転落事故で大けがをし、その作品は幻となってしまう。半世紀後の2020年、あの日の「キネマの神様」の脚本が出てきたことで、ゴウの中で止まっていた夢が再び動き始める……というストーリー。

 完成報告会見には永野芽郁さん、野田洋次郎さん、寺島しのぶさん、小林稔侍さん、宮本信子さんも登壇。出席予定だった北川景子さんは体調不良で欠席した。

####
#菅田将暉#山田洋次#キネマの神様
★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

タイトルとURLをコピーしました