ドラマ

吉沢亮、“天陽ロス”は「本当にうれしいです」 大河ドラマ・渋沢栄一役への意気込みも

ドラマ

★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 映画やテレビドラマなどで活躍した俳優やプロデューサー、作品を表彰する「2020年 エランドール賞」の新人賞を、俳優の吉沢亮さんが受賞し、2月6日に東京都内で行われた授賞式に出席した。

 吉沢さんは昨年、広瀬すずさんがヒロインのNHK連続テレビ小説「なつぞら」で演じた、山田天陽役が話題になり、「なつぞら」で天陽の死が描かれ、“天陽ロス”になってしまう視聴者が続出したことについて、「本当にうれしいです、たくさんの方の反応を聞けたし。朝ドラって“ロス”っていう言葉が多いですけど、これだけの反応をいただけるんだと感じたし、『なつぞら』で僕を知ってくれた人も多いと思いますし、見てくれる人の幅も広がったので。その作品で(エランドール賞を)取れたことはうれしいです」と語っていた。授賞式には、「なつぞら」の脚本を担当した大森寿美男さんが、プレゼンターとして登場し、吉沢さんを祝福した。

 吉沢さんは昨年、特別ドラマ「レ・ミゼラブル 終わりなき旅路」(フジテレビ系)、映画「キングダム」(佐藤信介監督) に出演した。

 エランドール賞の新人賞はスター性と演技力を兼ね備え、次代の映画やテレビを背負って立つことが期待される俳優に贈られる賞。今年は新人賞に吉沢さん、神木隆之介さん、安藤サクラさん、横浜流星さん、清原果耶さん、橋本環奈さんが選ばれた。

タイトルとURLをコピーしました