ドラマ

吉沢亮、体力のなさに愕然、堤真一はまさかの俳優引退宣言!? 映画『一度死んでみた』大ヒット祈願ミサ

ドラマ

#広瀬すず #吉沢亮 #堤真一

(詳細記事)https://news.mynavi.jp/article/20200310-992706/

吉沢亮のキャラ付けに、監督が反省?「日本アカデミー俳優なのに…」

映画『一度死んでみた』(3月20日公開)の大ヒット祈願ミサが10日に都内で行われ、広瀬すず、吉沢亮、堤真一、浜崎慎治監督が登場した。
同作は、ソフトバンク「ホワイト家族」シリーズなどを手がけ数々の賞を受賞、映画『ジャッジ!』で脚本も務めた澤本のオリジナル作。大学4年生の野畑七瀬(広瀬)は、製薬会社の社長である父親の計(堤真一)と二人暮らしだが、ある日「一度死んで2日後に生き返る薬」を飲み、会社乗っ取り計画の犯人を炙り出そうとする計が七瀬の前におばけとなって現れる。七瀬は計、そして計の会社の社員で、”ゴースト”と呼ばれている存在感の薄い松岡(吉沢亮)とともに事態の解決に乗り出し、思いもよらぬ展開になってしまう。
珍しく、チャペルでの”ミサ”という形になった大ヒット祈願に、吉沢は「こういう場に慣れてないので、牧師さんの言葉が素敵すぎて、このアフタートークいらねーんじゃないかくらい説明してくれた」と驚く。「『そんな深い意味がこもってたのか、この映画は』って。やってるときはただただばかばかしい映画だと思ってたんですけど」と苦笑しつつ、「『未来は死んでみないとわからない』という言葉が『お、深い』と思いました」と振り返った。

【マイナビニュース】
https://news.mynavi.jp/

【エンタメ・ツイッター】

【ホビー・ツイッター】

【特撮・ツイッター】

最新エンタメ情報を続々配信中!チャンネル登録をお願いします☆
⇒ https://bit.ly/2DNkNTZ

タイトルとURLをコピーしました