たけもね

【速報】4月23日【佐藤健インタビュー】【たけもね】衝撃発覚!?

たけもね

#上白石萌音 #佐藤健 #ニュース

「パート1をやっているときから巴との過去を心に秘めながら演じてきたので、このエピソードを描かずして終えられないという気持ちはありました。それをこうして自分が納得いく形で作品に残せたので、すごく満足感があるし、やりきった充実感があります」

そう穏やかな口調で、長きにわたって演じ続けてきた役との別れを振り返る。俳優・佐藤健にとっての代表作――映画『るろうに剣心』シリーズ。その最終章となる映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』がいよいよ公開のときを迎える。

左頬についた十字傷。その謎が明かされる本作。宿敵・雪代縁(新田真剣佑)の登場によって、心優しき剣客・緋村剣心の贖罪の旅がついに完結を果たす。

「ずっと悩みながら演じていましたね。剣心にとって、縁は贖罪の念を持つ相手。敵でありながら謝なければいけない相手である縁とどう向き合っていくのか、どんな言葉を投げるのか。剣心自身も葛藤していただろうから、特に最後の一騎打ちのシーンは、僕も剣心と同じように、どう表現すればいいのか葛藤しながら現場にいました」

決して口数の多くない剣心にとって、最も感情が迸るのが刀を振るうとき。新田真剣佑と共に繰り広げた最終対決は、ただ斬り合うだけのアクションではない。壮絶なる覚悟を秘めた男と男の、言葉のいらない感情のぶつかり合いだ。

「剣心も縁も、剣を交えることでしか気持ちを伝えられない者同士。だからこそ、エモーションをいかにアクションに乗っけるかということがすごく大切だったんです。普段、どういうふうに台詞を言おう、どういう演技をしようと考えるのとまったく同じ線上で、どうやってアクションを組み立てていこうか考えていきました」

ぬるいアクションは一切したくなかった
アクション監督の谷垣健治を筆頭に、パート1から共に歩んできたチームとディスカッションを重ねながらつくり上げた渾身のアクション。その創作過程で、佐藤健自身にも変化があった。

「特にパート1の頃は、自分もアクションについてよくわからないから、とりあえず言われたことをやってみようという感じだったんです。だけど今回は、アクション部に言われても、自分がもっといいものができると思ったら、『そこは、こう変えましょう』と提案していました」

佐藤健の譲れない線引きとは何だったのか。その答えに、彼が今、一級のエンターテイナーである所以が見えた。

「アクションシーンって見どころであると同時に、一歩間違えると観客にとって“待ち”のシーンになってしまう可能性がある。なんか戦ってるな、と漠然と眺めて、決着がついたら、そこからまた観るという方も中にはいると思っていて。そういう危うさがあるとわかっていたからこそ、この『るろうに剣心』のアクションでは絶対そうさせたくなかったんです」

ド派手なアクションを演じたからといって、必ずしもそれが面白さと等価交換になるわけではない。佐藤健は、極めて冷静にそう判断していた。アクションシーンを“待ち”の時間にしないために、佐藤健が選んだ道。それは、演じ手としてより過酷な獣道だった。

「お客さんを驚かせるくらい、すごいことをやる。裏を返すと、すごいこと以外のアクションはゼロでいいと。だからアクションを提案されたときに、これはちょっとぬるくなりそうだなと思うものは全部排除しました。映画に出てくるのは、これは勝算があると確信できたものだけ。そんな濃縮された、観る人が没入できるものを作れた手応えはあります」

その言葉通り、スクリーンの中では、まばたきさえ惜しまれるような、スピード感と臨場感溢れる死闘が描かれている。満身創痍になりながら、縁を演じる新田真剣佑と刀を交えた時間は、佐藤健にとっても特別なものとなった。

「縁は若さゆえの過ちやエネルギーが魅力的なキャラクター。まっけん(新田)もそこがいちばん大事だということをよくわかっていたし、縁を演じているまっけんは他の役と比べても彼の良さが出ていたと思います。演じているときはもちろん敵対しているんですけど、一緒にアクションをするという意味では、協力し合う仲間。まっけんとだからこそ、しっかりと信頼関係を築いた上で一緒にシーンをつくり上げることができた。すごく心強かったし頼りになりました」

命よりも誇りを大切にする生き様がカッコいい
少年漫画らしいエンターテインメント性やフィクショナルな世界観が観客の血をたぎらせる一方で、『るろうに剣心』は明治初期を舞台とし、日本文化である「武士」の生き様が描かれた時代劇の面も持つ。年々、時代劇というものが希少になっていく中で、本作に挑むにあたって“時代劇としての矜持”を意識した部分はあったのだろうか。

「時代劇ということについては、『The Beginning』の方でより強く感じていました。現場でもみんなの中で『The Final』は時代劇とアニメの融合をエンタメに昇華することを意識していて。『The Beginning』では、しっかりとしたドラマを描こうという共通認識があった。ストーリーも芝居の質もカメラの画角も色味も編集のテンポもまったく違うと思います。ぜひ両方を見比べてもらえたら」

日本映画史に綿々と受け継がれてきた時代劇。日本で生まれ、日本で生きる俳優として、佐藤健の中にも時代劇への憧れと誇りが息づいている。

「僕は武士道の精神が好きなんですね。だから時代劇をやるたびに、共感できるところもあれば身が引き締まるときもところもあって。今、僕たちは平和な時代に生きているけど、激動の時代を生きた彼らの精神は生きていく上で必要だなと思います。僕たちが時代劇をつくることで、そんな武士道を次の世代へ伝えていきたい気持ちはあります」

武士道――今や日常の会話ではなかなか使われなくなった言葉だが、佐藤健の凛とした佇まいを見ていると、確かに野を駆ける武士の姿が重なる。

「武士の方たちは一本筋が通っていて、命よりも誇りを大切に生きている。その生き様がカッコいいなと思うんですよね。僕も曲がった生き方はしたくないと心に決めています」

俳優・佐藤健の曲げたくないものとははたして何か。

「一本筋の通った生き様を死ぬまで貫きたいとは思っています。でも、それと同時に柔軟でありたいとも思うんですよね。時代がどんどん変わっていくから、それに対応した上で、質の高いものをつくっていきたい。だから、ここは絶対こうじゃなきゃいけないみたいなものは持たないようにしています」

LINEやSUGARを通じたファンとのコミュニケーションや、YouTubeチャンネルの開設など、固定のイメージにとらわれない多彩な活動は今や多くの人の知るところ。こうした常に世の中を驚かせるアクションも、佐藤健が時代の風を読んだ上で、柔軟に対応しているからだろう。

「やりたいことをやっているだけなんですけどね。やっぱり凝り固まっちゃうのは良くないと思っています。常にいちばん新しくて、一番いいものは知っておきたいし、それを踏まえた上で、どういうふうに役にアプローチしていくのかとか、どういう作品をやっていくのかを考えたい。全部を知った上で、そのときベストだと思う選択をしていきたいです」佐藤健の中にも時代劇への憧れと誇りが息づいている。

「僕は武士道の精神が好きなんですね。だから時代劇をやるたびに、共感できるところもあれば身が引き締まるときもところもあって。今、僕たちは平和な時代に生きているけど、激動の時代を生きた彼らの精神は生きていく上で必要だなと思います。僕たちが時代劇をつくることで、そんな武士道を次の世代へ伝えていきたい気持ちはあります」

武士道――今や日常の会話ではなかなか使われなくなった言葉だが、佐藤健の凛とした佇まいを見ていると、確かに野を駆ける武士の姿が重なる。

「武士の方たちは一本筋が通っていて、命よりも誇りを大切に生きている。その生き様がカッコいいなと思うんですよね。僕も曲がった生き方はしたくないと心に決めています」

俳優・佐藤健の曲げたくないものとははたして何か。

「一本筋の通った生き様を死ぬまで貫きたいとは思っています。でも、それと同時に柔軟でありたいとも思うんですよね。時代がどんどん変わっていくから、それに対応した上で、質の高いものをつくっていきたい。だから、ここは絶対こうじゃなきゃいけないみたいなものは持たないようにしています」

LINEやSUGARを通じたファンとのコミュニケーションや、YouTubeチャンネルの開設など、固定のイメージにとらわれない多彩な活動は今や多くの人の知るところ。こうした常に世の中を驚かせるアクションも、佐藤健が時代の風を読んだ上で、柔軟に対応しているからだろう。

「やりたいことをやっているだけなんですけどね。やっぱり凝り固まっちゃうのは良くないと思っています。常にいちばん新しくて、一番いいものは知っておきたいし、それを踏まえた上で、どういうふうに役にアプローチしていくのかとか、どういう作品をやっていくのかを考えたい。全部を知った上で、そのときベストだと思う選択をしていきたいです」

自分が剣心としていられたのは、僕を剣心にしてくれたみんながいたから
この10年で、日本を代表する俳優のひとりに成長した佐藤健。その歩みの節目節目を、『るろうに剣心』という作品が飾ってきた。クランクアップの瞬間、佐藤健の胸に去来したものは何だったのか。

「無事に全部撮り終えることができてホッとしたのと、達成感と。あとはものすごく長い時間をかけて関わってきた分、情だとか、強い想いもあったので、そういった意味では寂しさも感じました」

現場で共に戦った仲間たちにも、想いを込めた言葉を贈った。

「みなさんには本当に支えてもらいました。自分ひとりの力じゃここまで剣心という役と一体化は絶対できなかった。そういった意味でも、自分が剣心としていられたのは、僕を剣心にしてくれたみなさんがいたからだと思っています。だから、感謝の気持ちをまず伝えて。あとはお疲れ様でした、ですよね。僕がこの作品に人生を賭けていたように、監督をはじめ、一人ひとりのスタッフも、それこそ武士道じゃないけど、誇りとプライドを持ち、人生をかけて挑んできた。特にこの作品はパート1からほとんど同じスタッフなので、みなさんに『我々はがんばりましたよね、お疲れ様でした』という話はしました」

クールなイメージの強い佐藤健だが、そうした特別な場では涙を見せることもあるのだろうか。

「僕は武士なんで、人前で泣くわけにはいかないですね」

そう少し茶目っ気を織り交ぜて答える。その気取りのない表情に、素の佐藤健が垣間見える。とは言え、たとえ外では寡黙な武士であっても、家に帰ればごく普通の人。しみじみと感傷に浸ることもあるのかもしれない。そう重ねて聞いてみると、いたずらっぽく笑ってこう言った。

「決してござらん。と書いておいてください(笑)」

その不敵な笑みがとってもチャーミングで、今、これだけ多くの人が佐藤健に夢中になる理由が、ほんの少しわかった気がした。

自分に誰より厳しく、己の誇りを胸に、不言実行で高みを目指す。それでいて、機知に富み、人を惹きつける愛嬌がある。俳優・佐藤健と、剣客・緋村剣心。その語り尽くせぬ魅力が、映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』に凝縮されている。

タイトルとURLをコピーしました