吉岡里帆

✅ 吉岡里帆が2021年4月放送開始のドラマ『レンアイ漫画家』(フジテレビ系)でヒロインを務めることがわかった。  『レン…

吉岡里帆

💖 Please Visit: https://www.facebook.com/Scathc/
💖 Please Subscribe: https://www.youtube.com/channel/UC5fA0BrHTXDP-E4HQr7G6zg?sub_confirmation=1
✍   が2021年4月放送開始のドラマ『レンアイ漫画家』(フジテレビ系)でヒロインを務めることがわかった。  『レンアイ漫画家』は山崎紗也夏による同名コミックの実写化作品。は主人公の漫画家刈部清一郎(鈴木亮平)からの依頼で作品のネタ探しのための疑似恋愛に協力する女性久遠あいこ役を演じる。  吉岡はInstagramで『レンアイ漫画家』出演を告知し、<キュンってなんだーーー>とテンションの高い投稿をしているが、これは彼女にとっても制作スタッフにとっても、ある意味「賭け」だろう。  吉岡はテレビドラマや映画のオファーが絶えない女優だが、人気が急上昇するのと同時期に“女に嫌われるあざとい女”という汚名もついて回るようになった。ネット上ではしばしば理不尽なバッシングの対象となっている。 はアンチにも丁寧にリプライしていた  たとえば、吉岡が女優としてブレイクする前に水着グラビアの仕事を経験しているが、インタビュー記事で当時を振り返って、<やりたくないというのは私の偽れない本当の気持ちで、でも、そう思いながらも脱ぐことに意味があると思っていました。嫌なんだけど、自分の夢をつかむために、それをやってほしいと求めてくれる人がいる以上、その人たちに応えるのが私の生き方だということに抗えなかったんです>(2017年10月6日付「She is」)と発言したところ、意図を誤解されて拡散し、「グラビアアイドルをバカにしている」といったバッシング発生した。彼女は過去の仕事に関してためらいがあったと語っただけで、他のグラビアアイドルや、グラビアに関わるスタッフに関する言及はしておらず、理不尽極まりない誹謗中傷だった。  2019年に出演するドラマ『時効警察はじめました』で主題歌を担当する東京事変の応援として『ミュージックステーション』に出演した際も、「主演でもないのに番宣に出るなんておかしい」「視聴者がの主演だと勘違いする」と、これまた彼女にとって理不尽な批判が集中した。『ミュージックステーション』へのプロモーション出演はテレビ朝日側の意向であり、彼女をバッシングするのはお門違いだろう。  吉岡はこの時、アンチコメントを書いてきたフォロワーのひとりに<わかりました。嫌な思いをされないように気をつけて出演させて頂きます。皆様お忙しいので、沢山の方にドラマを見て頂くために後輩が番宣をするのはとて …
💖 #吉岡里帆

タイトルとURLをコピーしました